デジ絵のメリット・デメリット

カテゴリ:デジタルイラスト全般

私が感じるデジ絵のメリットとデメリットです。

メリット

  • 道具がシンプル - 道具はパソコンとペンタブレット、ソフトのみあれば、絵がかけます。片付けや掃除が楽で、部屋も散らかったり汚れたりしません。
  • 道具の消耗がない - 道具の手入れや買い替えがほとんど必要ありません。初期投資は結構かかりますが、ほぼ初期投資のみで済みます。数年に1度くらいに買い換える程度でしょう。
  • 修正が容易 - 失敗しても何度でもやり直せます。UNDOにも限界はありますが、戻せ ない場合は、レイヤー単位で描きなおしもできます。
  • 時間短縮 - 絵の具を乾かす時間がないため完成が速いです。また絵の具をたらしたり、こすってしまったりなど余計なミスもないため、手描きよりもはるかに効率的です。
  • 表現が容易 - 特殊効果など、手描きでは難しい表現や効果を簡単に出せます。
  • 管理が容易 - 絵がかさばらず管理が容易です。絵が増えていけば置き場所にも困りますし、カビが生えたり紙が劣化しないよう管理にも神経を使いますが、デジタルならその心配はありません。

デメリット

  • あくまでも擬似的な絵なので、リアル感ではアナログには勝てない。
  • 簡単に複製できて便利な分、1枚の「絵」としての価値が低くなる。

公開日時: 2014年06月26日  23:06:54

おすすめペンタブレット
ペンタブレットはやはりワコムのIntuos Proです。描き味が違います。

覚え書き一覧に戻る

「デジタルイラスト全般」に関する他の覚え書き

「デジタルイラスト全般」に関する他の覚え書きはありません。

このページのトップに戻る